デザインパターン

サーバの機器構成や仕様を「一般的な使われ方」や「主な目的」にあわせ、クラウドサービスと弊社提供サービスを組み合わせた状態で デザインパターンとしてご紹介します。下部デザインパターンからそれぞれの詳細を見ることが可能です。

可用性に関わるデザインパターン
主にサーバの冗長化に対してのデザインパターン。システム稼働が必須の場合には必要なデザインパターンです。
保守性に関わるデザインパターン
機器構成の可変にかかわるデザインパターン。状況に応じてシステムの構成などが変わることが見込まれるときに便利なデザインパターンです。
機能性に関わるデザインパターン
もとからある機能のグレードを上げるデザインパターン。高負荷が見込まれる環境作成時などに便利なデザインパターンです。
機密性に関わるデザインパターン
よりハイレベルなセキュリティ、極力セキュリティリスクのない構成が必要なときに用いるデザインパターン。
保全性/完全性に関わるデザインパターン
もしもの時のデザインパターン。状況維持とは別にデータそのものを保持するのに用いるデザインパターン。