リファレンスアーキテクチャ

これまでの実績や経験をもとに、可用性やセキュリティ、運用設計を考慮した、システム構成と運用ユースケースをご紹介しています。
さらに、同じアプリケーションのシステムを、異なるクラウドで構成した場合のクラウド比較もしていただけます。
これにより、クラウドの導入を検討されるお客様が、ご予算に合わせてクラウドやシステム構成を選択する際の参考にしていただけます。


Amazon Web Services

Case.3

ブッキングサイト

システムの概要
  • カスタマーユーザがアクセスするWebサーバは、Elastic Load Balancing + Auto Scaling 機能により可用性を実現
  • バックエンドのAppサーバも内部 Elastic Load Balancing + AutoScaling 機能により可用性を実現
  • データベースは Amazon RDS Multi-AZで地理的ロケーションをまたいだレプリケーションによって高可用性を実現
マネジメントを加えたユースケース

このシステムに弊社のマネジメントサービスを組み合わせた場合のシステム構成と運用事例をご紹介します。

このシステムに対する監視実装例のご紹介です。
弊社のクラウド管理基盤「Walkure Cloud management Center」によって、対象のクラウドシステムで異常を検知した場合に、ご担当者様へ自動通知する機能や、障害履歴を管理する機能がご利用可能となります。

Availability Zone(AZ) 障害を監視

片方の AZ 障害時や、レスポンス遅延時は、バランシング対象から切り離されると同時に、 Walkure にその旨が記録され指定の連絡先に通知します。

Availability Zone(AZ) 障害検知時のマスター切替通知

AZ障害時のマスター切り替え時にWalkureにその旨が記録され指定の連絡先に通知します。

対象のクラウドシステムに不具合が発生した際に、弊社のクラウド管理基盤「Walkure Cloud management Center」は、あらかじめ定義された自動もしくは半自動によるクラウド制御によって、 サービスを継続させる、または、サービス障害の影響を最小化します。

インスタンスの再起動を実施

障害検知時のアクションとしてインスタンス再起動を実行させることが可能。

スケールアップ/スケールダウンの自動化

インスタンスのコンピュータリソース不足時にインスタンスを自動でスケールアップさせます。

Amazon マシンイメージ(AMI)を用いたデプロイメント

FTPサーバやバッチサーバの障害検知時のアクションとして、あらたなインスタンスを自動デプロイし、 EBSのデータファイルをアタッチします。

弊社のオーケストレーション基盤「Situs orchestration platform system」によって、スケーリング条件の変更や、スナップショットの取得、また、それらをJOBとしてスケジューリング登録する機能がご利用可能となります。

オートスケーリング条件の変更予約

指定した日時に、Auto Scaling設定変更(稼働台数や増減閾値 )を実行することが可能。 また、指定した日時にAuto Scaling設定変更(インスタンスタイプ)を実行することが可能。 イベントなどで予測されるアクセス増加に備えることが出来ます。

時間指定またはスケジューリングによるスナップショット取得

時間指定またはスケジューリングによってスナップショットを取得することが可能。

時間指定またはスケジューリングによるインスタンス停止

時間指定またはスケジューリングによってインスタンスを自動停止することが可能です。

時間指定またはスケジュールによりスケールアップ/スケールダウン

時間指定でスケールアップ/スケールダウンを実行させることも可能。

時間指定またはスケジューリングによりディスクサイズ拡張を自動化

インスタンスのディスクリソース不足時にEBSサイズを拡張させます。
カテゴリ/商品名 単価 数量 小計 中計